【ナンパイベント】第2回イッポングランプリ Vol.4/4

【ナンパイベント】第2回イッポングランプリ Vol.1/4
【ナンパイベント】第2回イッポングランプリ Vol.2/4
【ナンパイベント】第2回イッポングランプリ Vol.3/4

僕はユイ、凛はリナを担当と決める。

でも完全なセパレートってわけではなくて
それぞれの担当を決めながらも全体を回す。

そしてたまに、関係を破綻させないように担当と和む。
このバランシングが難しい。ここで担当だけ対応すると、乱・くるくるに繋がりにくくなる。
一方、全体で回すとそれぞれの関係値を築きにくく、どうしても浅い関係にしかならない。
そうすると破綻の危険性が出てくる。

しっかりこのバランシングを保つため、つぶさに全体を観察しながらゲームメイクをしなければならないんだ。

セパレートできるくらいの関係値は積み上がった。
そろそろ局面を切り替えていく。

グラ「のど乾いたね」

ユイ「そうだね、私ものど乾いた!」

「のど乾いた!」

偶発的に起こる局面を待つのではない。
トークによって局面の切り替えを手繰り寄せる。

ここを逃してはならない。

グラ「あそこのコンビニ行こっか。」

のどが乾いたと言う相手の願いを叶えてあげる。
メリットの提示。GIVERになり、相手に与える。

返報性の原理を利用しつつ、会話でスモールステップを踏んで関係性を深めることで相手の心を開いていく。

クラブでお酒をおごるのもGIVERじゃないの?
それもGIVER。しかしこれには重大な注意点がある。それはまたいつか。

コンビニでジュースを買って、一緒に飲みながらさらに仲を深める。
凛はリナをうまくカラオケに連れ出したらしい。
色をうまく使って、速攻仕上げたとのこと。インキャなのに色男。やりおる。

グラサイドにおいてもかなり信頼関係を構築することができた。

しかし、青姦はグダ。笑

そうすればカラオケでくるくるを狙いたい。
だから凛と同じカラオケに別の部屋を取って入ることとした。

中では歌わない。
歌わないでユイの人生相談に乗る。
話を聞いていくと転職したいようだ。
親は娘に公務員でいて欲しい。でもユイはやりがいを感じていない。
娘といての愛する親に対する感情と自分自身の内にある感情のジレンマ。

あえてアドバイスはしない。
理解者であるべき。それをベースにオリジナルの合いの手を入れていく。

今までの人生。そして現在の葛藤。
誰にも言ったことがない内に秘めた感情を話してくれた。

そこをしっかりと承認していく。

話が一通り終わる頃には彼女にとって僕は唯一無二の存在になっていたに違いない。

だから彼女は僕と体を重ねたのだろう。

ー3即目 キャリアウーマン

4即目 「歌広場」改め「おせっせ広場」

一息ついて凛に連絡をする。

くるくるを狙おう。

グラが取った部屋は、あと30分もすれば終了の時刻となる。

歌広場は延長の際に店員が追加料金を徴収しにくる。

このシステムを利用しない手はない。
店員が追加料金を徴収しにきた時に2人部屋に4人いたらどうなる?
追加料金を多めに取られるか、店員から注意されるかのどちらかだろう。
何にしても悪い方向にしか向かわない。

勘のいい方はお気づきかもしれないが、即の時間とセパレートするために必要な関係値均しの時間を含めて退店時間を設定している。
少しでもタイムロスを減らすために。

経験によって、この時間を長くするか短くするかは自分の力量と相手との関係値がどの程度積み上がっているかによって判断しなければいけない。

そこでこういうことが起こりかねないからから2:2で別れようという打診も通りやすくなる。

一旦、4人で合流して、担当を変えてからこのシステムを利用すれば、最良の結果が得られることは明白だった。

だから、あえて呼ぶ。2人の部屋に凛とリナを。

4人で合流した後は破綻しないようにまずは関係値を均していく。

4人で盛り上がったところで 凛とユイ、僕とリナ、それぞれ共通点を無理矢理作り、担当を代えていく。

その後、歌広場のシステムを彼女らに説明をして一旦セパレートの方向へ持っていくことに成功した。

そして僕らは別のおせっせ広場歌広場へ。

「ここの歌広場空いてないし、別の歌広場で2人時間終わるのちょっと待とうか」

「そうしようー!」

別の歌広場に入って、部屋に入り、少し話をしてそのまま即。

凛と兄弟となった瞬間だった。

そして退店時間までカラオケを楽しんだ。

リクエストに応え、ジャニーズソングを歌った。

グラ「100年先も愛を誓うよ~♪♪」

リナ「声も顔も似てないね!(^^)!」

グラ「・・・」

ありがとう。カラオケも楽しかったよ。

ー4即目 ジャニーズ大好きOL リナ

エピローグ

楽しくカラオケを歌って放流。
残り40分。1人連れ出しかけるもタイムアップ。

ありがとう凛。
初コンビやったけど、めちゃめちゃやりやすかったよ。
スクリーニングをしないで、僕の流れに乗ってくれた。

結果、破綻せず最後までゲームメイクしやすかった。

1即目以外の即は全て凛と一緒に勝ち取ったものである。

大会の後、みんなで苦労しながらも楽しかったナンパを語りながら食べる朝飯はいつもよりうまい。

戦友と食べる飯はいつでもうまいけど、苦労して、疲弊しながらも達成した後のそれを戦友を語りながら食べる
飯はもっとうまいんだよなあ。  ぐらを

大会結果

4即(ラウンジ嬢、ハーフっぽいこ、キャリア国家公務員、ジャニオタOL)
12番ゲ
=5本

第二回イッポングランプリ

個人部門優勝

チーム部門3位

100人近く参加した大会でこうやって結果を残せたことは嬉しい。
運もあるけど、その運も絡んでくる中で、チャンスを無駄にせず、そしていかにミスをせずに流れを自分のところに引き寄せながら考えて行動するナンパはやっぱり楽しい。

コンビを組んでくれた凛、チームの皆さん、関係者の方々、そして応援してくれた皆様方。

ありがとうございましたっ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ダナハ より:

    くるくるしたことはありますけど、

    ここまで考えてやったことなかったです。

    すげぇ。

    ちょっと考えてやってみます。

    まずは道路に寝転ぶのやめてみます。ぐふふ

    • gura より:

      たこ焼きくるくるする感じでやれば出来るっす!
      道路に寝ころばないダナハさんなんてダナハさんじゃないです・・・