究極の非言語ナンパ in 微笑みの国タイランド プロローグ

ピピピピピ

-am6:00

聞き慣れたアイフォンの音が僕の体をむくり起こさせた。ちんこもむくり。

というのは前日、アルピが持参してきていたメガリスとエビオスそして亜鉛というちんちんに破壊的な影響力を持つサプリメンツを摂取していたことから脳が若干破壊されていた。今の僕はIQ2。村上春樹の小説タイトルみたいになっているがそれは関係ない。

これらサプリメンツのちんちんに対する影響力は計り知れない。

一言で表すならば

ちんこでムカつく奴の土手っ腹に風穴を開けることも可能だと言っても過言ではない(過言

アルピがまた例によって朝から何か言っている。

アルピ「ちんこで人殺せそうwww」

君もか。君も同じこと思っていたのか。

つくづく僕らの普段のIQが低いことを再確認させられる。

これで二人とも理論派であるとか、振り幅すごいって他の人らは感じるに違いない。

人の魅力はバカをやる時としっかりと考える時。

この振り幅が大きいとしっかりとその魅力を感じられるのではないか。

いわゆる「ギャップ萌え」ってことなんだろう。

僕らはリュックサック1つを身につけ、走る。走る。そして走る。

二人ともなぜかちんこがスカイツリー化していた。

犯罪者予備軍とお互いで罵り合うのもいつものことだ。

そうだタイへ行こう。

タイ、バンコクは今やスカイスキャナーという航空券検索サイトでLCCを予約すれば往復約3万円で行ける。国内旅行となんら変わりない。

颯爽とスカイライナーの指定席に乗る。
日暮里から成田国際空港第2ターミナルへ指定席込みで2500円程度。

充電できるように各座席にコンセントが配備されているし、テーブルも付いていて作業もできる。

日暮里から成田国際空港までの電車賃を考慮すれば決して悪くない。いやむしろいい。

アルピ「ティンダーの現地の子の可愛い。直アポ決めよう。任せた。」

アルピは1日5000回感謝の右スワイプ。そして音を置き去りにしたとか訳のわからないことを言っている。

ハンターハンターのネタらしい。

僕はアルピから現地の子のラインIDを入手し、英文で即興で作ったオリジナルのテンプレトークをぶちこむ。

そして僅か20分。

最初のアポが決まった。美人なのに即系かて。笑

そんなこんなしているうちに成田国際空港第2ターミナルへ到着。
チェックインを済ませ、荷物検査をされる。

100mg以上の液体やガスは機内に持ち込めない。

エスパー伊東も持ち込めない。

僕はワックス、アルピはでかいVo5のスプレー缶をそれぞれボッシュートされて咽び泣いた。

そしてすんなりとイミグレーションを抜ける。

二人でsnowで写真を撮ったり、きゃっきゃしたり、ちんこ勃ってきたりして機内へ。

さあ、チンコフェスの始まりだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ダナハ より:

    おおお

    タイの🇹🇭記事まってましたーーー

    ぐふふふ、薬飲んで行くとか本気すぎる😁😁

  2. ソクヒコ より:

    続きが気になるて。。。